20131031

太郎





田中正造
1901年(明治34年)10月23日、田中は議員を辞職[1]したが、鉱毒被害を訴える活動はやめず、主に東京のキリスト教会などで鉱毒に関する演説をたびたび行った。
明治天皇に直訴を行う様子が刻まれている「田中正造翁遺徳の碑」
(茨城県古河市) 古河は谷中村=現・渡良瀬遊水池周辺最大の都市で支援者も多く、また田中らが上京時に古河駅を利用したことから現在まで縁の多い地の1つである。
12月10日、東京市日比谷において、帝国議会開院式から帰る途中の明治天皇に足尾鉱毒事件について直訴を行う。
途中で警備の警官に取り押さえられて直訴そのものには失敗したが、東京市中は大騒ぎになり、号外も配られ、直訴状の内容は広く知れ渡った。
直訴状は、幸徳秋水が書いたものに田中が加筆修正したと伝えられる。
田中は即拘束されたが、政府は単に狂人が馬車の前によろめいただけだとして不問にすることとし(田中本人の言及による)、即日釈放された。
田中は死を覚悟しており、釈放後、妻カツ宛に自分は(12月)10日に死ぬはずだったという意味の遺書を書いている。

20131030

冬支度




ひさしぶりに
まだだれもきてないじかんに
ついたのでしゃしんいちまい

まっとうな
野菜や米や塩や油の市

を闇市と呼ぶ事がない

あたりまえのよのなかに
なりますように









そうして
冬支度

野菜の美いしい季節がきます

20131029

霜降


○ allo my friend ○

霜降、今週末には
丹波市市島町にて
丹波オーガニックフェスがあります
一応年内のイベント出店は
これで最期っぽいです

これから稲刈りをぼちぼち
寒い冬は
家でのんびり
命について考える事にします





○ market ○


20131030 wed 12:00-
闇市 #167 @ bin .西宮苦楽園

ビン/ジャムと珈琲、あるいはその他 (1F)
六兵衛/豆腐 (*order only)
壜の中の焙煎所/organic coffee (2F)
お手手/布小物 (2F)
ナナヨガ/yoga (sometime,anywhere)
闇市/organic vegetable & mo (garden)



20131031 thu 12:00-
闇市 #80 @ re:birth .神戸岡本

旅人と子供が集まる写真館
空地にはいつの時代も自由が在り
種を蒔けば未来が在る



20131101 fri 12:00-
闇市 #106 @ ameen's oven .西宮夙川

カメバカムホドオイシイ天然酵母パン屋前マーケット
テラスには優しい山からの風が吹き
ONE TABLE & ONE LOVEには美いしいランチを
黒パン文庫を、求めて革命家達も集う



20131002_04 sat_mon
丹波オーガニックフェス2013 @ 兵庫県丹波市三ツ塚廃寺跡

丹波有機農業祭が前身の
有機農業の里で知られる
兵庫県丹波市市島町で行われる祭へ





○vegetable○

yamsai farm / free farmin'
イノリ
大麻油
古代塩
様々な野菜

fukuoka natural farm / do nothin'
あきたこまち *新米
早生温州みかん
レモン
ライム

niu farm / do nothin'
トゥルシー
空芯菜
甘長とうがらし
おくら
水菜
小松菜
大根葉
人参葉
ラディッシュ
ベビーリーフ

morning dew farm / do nothin'
空芯菜
翡翠なす
ささげ
大根葉
人参葉
ラディッシュ
島オクラ

naturalism farm / natural farmin'
コシヒカリ白米 *新米
ベビリーフ
エンダイブ
セロリ
ピーマン
万願寺
青唐辛子

morino farm / vio farmin'
にら
ほうれんそう

nariwaitomo farm / vio farmin'
パープルスイートロード
安納いも
きゅうり
しょうが

helthy farm / organic farmin'
サニーレタス
人参
大根葉
下仁田ねぎ
富有柿
いちじく
さといも
たまねぎ
赤たまねぎ
平飼い名古屋コーチン卵
無添加みそ
無添加梅干し

organic junky / yamsai & toni
鉄火味噌
油ボニータ
肉離れ
アチャール
ナタリー
キャロライン
カプサイジン
茄子がママン

せいかつ

びん詰めのふたが、開かない

ちから、が入らない

なにかこまることがあるだろうか

畑から、週に一、二度野菜や果物を
収穫して持って帰れば
びん詰め、はなくてもよいか

杭をうつ木槌が、持てない

ちから、が入らない

なにかこまることがあるだろうか

今在る杭は置いておくとして
支柱をたてるのはもうよしとしよう
なにか、に摑まるだろう

手ぬぐい、が絞れない

ちから、が入らない

なにかこまることがあるだろうか

太陽が在る

あまり、立っていられない

ちから、が入らない

なにかこまることがあるだろうか

昼寝は好きな方だ

わたしは
こうして
年老い
枯れていく

とけだした
わたしが
大地へと還り
何かに成るまで
昼寝、しよう