氣比神宮



堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、

以て萬世の為に太平を開かんと欲す。









氣比神宮



海陸交通の要衝を扼する神として崇敬、




特に大陸外交に関する祈願の対象として重視された。


ということで、隣人に私達は平和で在ることを伝えに参りました。







個人個人が全力で
 
「今、平和で在るアル。
未来永劫、ずうと平和でアルある。」
 
と表現し続ければ
それでいいので在る。
 
 
 
 



warera subete hyougennsha.