20171213

あたらしいあさ ①

沈黙する友人達へ
夜に踊らされるな
世に踊らされるな

マダマダヨハアケナイ
まだ夜はあけない
まだ世はあけない

自身という塊 は現象なのだ
ということ
この旅には終わりがない
ということ
と、ここだけのはなし
と、そこからきた風のはなし

しろくてまぶしい朝 がやってきた
どこまでも透きとおった風 は夜を抜けて
六つ目の山肌で折り返す
遅れて届いた北からの便り と融けあう

螺旋 を描くように上昇する 
ホノオ は行き場を失う事もなく
どこまでも透きとおった風 となって
絶望していた季節はもう来ない

未来はあまりにも容易く
君の手の中に

だってそこには無いのだもの
誰もいないのだもの
いつも見る白昼夢に近いシロ

時折雲間から差す太陽の光を頼りに
紅葉した葉の呼吸はとても小さく小さく
或いはそれすらも落下した
落果した過去からの種に着火したら
爆ぜた flashback , Quiet friends