2013年12月3日火曜日

一般的な野菜と闇市の野菜のつくり方の違い

あるところで
あるかたから
取材ができたので
かきました。

淡路のたまねぎなどに代表される
一般的な
野菜の作り方です。

衝撃でしたが

結構「周知の事実」
らしいので
かいちゃいました。

普段畑と街を行き来している
ぼくからしたら
なんて面倒で
不便な作業なんだろうかと
おもいます。



そして
こうも思います。

本当の食糧自給率はほぼゼロじゃねーの?


日本中の街で食され廃棄されるほどの
国産タマネギやごぼうの畑、

そういえばみたことねえ。






























◯ 一般的な野菜の作り方



聞いたことも、あまりない様な国からコンテナ船が港に着く



広大な土地をひっくり返して機械や薬品を多用して作られた

玉葱、芋、牛蒡などが入ったダンボールを荷下ろす



国産の場合は、県名や産地や生産者の書かれた袋と共に、市場や八百屋や小売店に出荷される



外国産の場合は、国名の書かれた袋と共に、市場や八百屋や小売店に出荷される







◯ 闇市の野菜の創り方




種を蒔く



収穫する



市を開く





FUCKTHESYSTEM!