OSAKA_JPN2


二日続けてのOSAKATRIP



西宮から普通電車にのって梅田へ
車内では上から数えて2番目の服を脱ぐか脱がないで散々迷う

湯元町の事が気になる
湧いているのだろうか

雲は厚いけれど太陽が何処にいるかはずっと解る程度には晴れているので気持ちも軽い
爺ちゃんと僕以外は通学中か通勤中もしくは仕事中に見える

普通電車はsmogの中へ突入していく
雨上がりの街は一度流れたが炊きたての煙りに覆われていく途中

地図が頭から離れない
古墳の時代か宗教の時代で地図を読むかは迷っている

西宮は色んな神様や宗教に溢れていて面白い
湯元公園は沸くのか気になる

昨日歩いたり写真を撮ったりした行程を逆再生すればいいと思い
歩いて来たはずなのにトイレに着いたので足した

さあtripへ


#FUCKTHESYSTEM

なんとか人のいない所を見つけながら歩いて地下から這い出した





新暦一月六日 芹生ず/芹乃栄 セリが盛んに茂り、成育する時季。
いよいよ寒の入りに。

一年のうちでもっとも寒さが厳しくなる時季。

明日一月七日「七種粥」を食べて祝う。

七種とは、古くは粟、稗、蓑、胡麻、小豆などの穀類だったが、
現在は「芹」「薺」「御形」「はこべら」「仏の座」「鈴菜」「すずしろ」などの若葉を指す。

六日の夜、清めたまないたの上で包丁とすりこぎを使い七種を28回叩く。
当日の朝は、さらに21回叩いて粥に入れる。



私は私の育てた菜を食い 菜と一体に成った 私は私の育てた根を食い 根と一体に成った 私は大地と徐々に一体になる この行程を死と呼ぶ