詩の民主花新聞 第貳号発酵


詩の民主花
第弐号 だいだらぼっち
2015年7月5日発酵



詩 
ミシマショウジ 《民主花のソネット》《いわくらに寄せて》
中川雄介《白むまで》
山野太郎《ひとつの詩を創る断想の過程#2》
UMU《SONG OF CIRCLE》
ヘイデン カルース《小川と岩について》
カルロス・ドゥルモンド・ジ・アンドラージ《道のまん中に》

写真
広本雄次
山野太郎 yamsai

表紙
Wa_no

編集 
川邊 雄

発酵
黒パン文庫

印刷
JAM




ひとつの詩を創る断想の過程 #2

刈った草は蛍に成るらしい

落下する蛍
次々と
落下する蛍

蛍の衝動

花 にも衝動はあるのか

あの霧から少し
時 を経て
白い 花がそこらに
咲く 花に衝動は在ったのか

まだ霧は 
はれない

人 の衝動も脆いもので
草 なら刈れるが
花 が其処にある
と 躊躇うのだ

衝動 を
行動 できるとは
なんと
自由なのだろうか



人は媒介に過ぎない



としたら
なぜ行動する
自由を得たのか



経たのか

ただ
花粉 を
はこぶだけの
日常 を

虫 を捕らえる蜘蛛

蜘蛛 も朽ちて土と成る
虫虫 も朽ちて土と成る
草草 も朽ちて土と成る

私も 狂うて土に成る

時節柄
蛇神様が顔を出す故
草を刈る

ハメ に噛まれて
息 をするのをやめ
土 に戻るのは
本望

草 も息絶え土に戻る
虫 も息絶え土に戻る
私 も息絶え土に戻る

私 たちは土でできている
私 たちは草でできている
私 たちは虫でできている

私 たちは私 たちでできている

農耕 という
原始の環境破壊を
実感せざるを
得ない
草 を刈る日々

せめてもの、で
耕さないでいる

せめてもの、で
手で刈っている

抵抗
抵抗する文化




自分ではない
誰かの破壊 により
成り立つ生活

実感しているか?




戦争の始まらない 6月
私たち 現代百姓は
麦 を刈る




穂 を千切るオト
と 雨のオト


音 のする方向をたどっても
時 は過ぎて
今 はもう何もない


雨 はいつから汚染された?


岩 はいつから其処に在った?


岩 の頂点に枯れる樹
風 に吹かれて
雨 に削られて
土 に成った世界へ
鳥 が種を落とした



自分ではない
誰かの破壊 により
成り立つ生活

実感しているか?



投じた泥団子から発芽した稲が群生する




毎夜 子供たちを連れて

川 に出掛ける
蛍 が今年も増えた
善い 知らせ


地球は滅びない
という 予言


汚染された雨 が降り続き
また夏がくる



私 たちでできた私 たちは

光 になり
落下 する


季節 が流れてゆく
水 が流れている 
音 を聞いている

花崗岩を削りながら
落下してゆく
水 は
生命 である

途方なく長い時間
絶え間なく
一時も 止まらず


あらゆる存在に
速度をあわせる
意識ではなく
実在する 水

山 だと思っていたものは岩だった
岩 だと思っていたものは土だった
土 だと思っていたものは風だった
風 だと思っていたものは時だった

焚き火は小さく

これから
待ち望んだ雨が降って
水 をあびる
生命 ひとしれず


ヴァイオリン のオト
ギタァ のオト
ビワ のオト

だれかの ウタゴエ


音 のする方向をたどっても

時 は過ぎて
今 はもう誰もいない

未来 には誰もいない
という 予言


証言
私たち がいまここに
生きていたという
アカシヲ 遺そう

額紫陽花が咲き
そして立ち枯れる
私たちは
花 で記憶する

そこに遺る
検索されない言語 は
笑い声 らしい


せめてもの、で
わらいごえを

のこそう






ひとつの詩を創る断想の過程 #1