FREE THE STONE と 詩の民主花


20150517SUN
はとても大変だった

前日の夜に
FREE THE STONE紙がはじめて届いて。



FREETHESTONE紙、は

マンション建設のため
爆破破壊されようとしている
兵庫県西宮市のこしき岩神社宮山の




その岩の永遠の鎮座を祈る
開発現場から15m以内に住む当事者、と
地域住民ではじめた




署名とともに寄せられた
数千人の言葉を載せた
新聞
(市長や業者への恨みつらみ呪い祟りの言葉は省いておりますのでご安心を)






soniceday
















ひとまず

闇市、と詩の民主花のために
朝から畑でdrone
主に、野菜の花、を収穫して。


こしき岩公民館にて
西宮市長による市政公聴会
というか説明、一方的な




磐座問題についての市長の方向

個人的には
磐座を破壊するなんてとんでもない


が、市が口のはさめる期間は
もはや過ぎており
神社と開発が調停中のため

法律的に

「何もできないので何もしない」

という自然農的対応なので
よろしい、と思いながらも

これじゃ市長は全く役に立たないし
市の行動は
調停が済むまで一旦ため息まじりにあきらめといて
ネクスト

周辺住民への周知を
がんがんやってゆきます

民衆の力



FREE THE STONE紙は
その日の公民館と、午後のイヴェント




で100部ほぼなくなったのですが
お店におきたい
幼稚園におきたい
配りたい

などのお話を戴きましたので
増版しようと思って
で、市もあてにならないしで
印刷に一部47円かかるので

クラウドファンディング(製作中

で7色700部32900円を
募ってみようと思いますので
その際は宜しくお願いします

今週中にあげれて来週印刷できたらいいなあ











そんなわけで

もちろん
議会にはたらきかけたり
環境的な側面や
信仰の意味でも
色々な運動が周辺住民に巻き起こっております


マスコミも注目し始めたようで

私たち 
磐座の永遠の鎮座を祈る市民
FREE THE STONE紙

得意な分野で騒いで参ります



ひとまずネット署名
そして新聞を蒔いてください



さわげさわげさわげ

そして
磐座は
すべての
開発
から
自然
護る
虹の
岩へ





made by ゆっけ & まるこ

いちども
前をむけませんでしたが
詩を創って読みました

ひとつの詩を創る断想の過程



ラップだともいわれましたが
楽しかったです




詩の民主花は

次回7月5日に篠山今田
旧立杭公民館(cafeココロノツキ)にて予定