コロサズ

暑い暑いなか田圃の草をとるしごと
80歳までやるとなると
あと40回ほどしかないなら
丁寧に丁寧に、と

社会が殺し合いながら淘汰されていく方向に
あればあるほど
僕の畑はコロサズの誓いが
深まっていくのです

自然農という言葉が完全にポップになり
本来の抵抗の意味が薄れた今
食糧を得る為に他の植物を生かし
そこに棲む虫や
小動物の生命を護りながら暮らす
反社会的農法を
コロサズという言葉に変換して
実験と実践を繰り返します

農業という経済活動を
充実しようとすればするほど
みなはビニールハウスを建て育苗し
草を嫌い薬を撒き
大きく沢山実らす為に肥しを与えます

自然栽培などという曖昧でヤバい言葉に捉われ
その結果時間を失います

反対に革命の実践者は
そういった経済的な仕事を
減らして減らして
季節感を取り戻す事によって
天気を読み
総てをタイミングで行うようになります

その結果
雨の日は休み、暑い時間は休み、
冬は休み、と
実践者は時間を手に入れることができます

抵抗に一番必要な『時間』を
手に入れることが出来るのです

それでは食えない、となるでしょう
食うものはあるのに

そうして自然の速度で出来上がった
充実した作物は、直売や市場などで
生産者から安く買われ
消費者には高く売られます

反対に
8年目となる僕の闇市の方針は
なるべく高く買い安く売る事を
大事にしています

自分の畑は別として

もちろんギフトカルチャーや
物々交換的な暮らしを取り入れながら
しかしそれでも売買という社会が
大多数一般的な常識となっているわけで
マーケットやワークショップなどの
商人的なダサめの発想ではなくて
そもそもを活動と捉えて暮らすと
くだらない嘘やストレスからは
解放されるというわけで

問題はあります

表裏関わらずそれでは
流通者はまったく
贅沢する余裕のあるような
利益を得られません

が、生産者消費者それ以上に人に会います

とても多くの、多くの顔が見える人に
助けられて励まされて生きて行きます

これもまた買い叩いたり叩かれたりする
ストレスから解放されます

総理大臣が誰であろうと
僕らは力強く美しく生きて行かねばならないのです

そう思いながらも
日々、コロサナカッタ草や虫に
全身を襲われ脱力しながらも

例えば今日のように
大雨が降り総てが流されたあとの
蛙がノンビリ鳴く程度の穏やかで
水の豊富な田んぼで身体を冷やします

しかし、それではとても
小さな社会でしか成り立ちません

時間を奪われてなお
大量の食糧を創りつづける
生産に人生を賭けたファーマーもいれば
貢献者もいれば
奴隷となり社会を動かし続ける方もいます

とんでもなくリスペクトです

全体として生きて行く為に
健康を害しながらも
遠くの見えない僕らに与えてくれる

呆けものの僕には神様にしか見えない

そんな神様が僕らの仲間にも沢山いて
若い世代も増えています

彼らは農園名を名乗ることもなく
自らの事をテロリストと称し
反社会的な
オーガニックな農作物を創り続けています

名前や商法や農法に囚われていた僕らよりも
とても話が早い、新しい動きです

ここまでの話は、界隈、と僕らがよんでいる
六甲山麓における
オーガニックアグリカルチャーだけのことです

平野部や都心部では通じない言葉

どういうことかというと
食糧を口に運ぶまでに
関わった登場人物と時間が
少なければ少ないほど
作物は美しくその形を保ち
それから料理する
その手から愛が加えられて
素敵な音楽でも聴こえたら
もう幸せでしかないわけです

もうすぐお盆です

旅に出てはいかがでしょうか

目が見えているか、だけを頼りにすれば
良いとおもいます

スニーカーを履いてバックパックを背負って
家を出ます
人工物を一切シャットダウンする
目を持ちます
そうすると景色はどんな都会であろうと
動植物のみに成ります

僕らはジャングルにやってきました
慣れてくると自生したもの
愛されて育てられているもの
ただ植えられただけのもの
薬も毒もふくめて総てが食糧です
手をかけられているものには
フェアな対価を払います
勝手に生えているものについては
そこを通る皆に平等で
なお繁栄するぶんは
残してすこうしだけ、摂取します

腹一杯になりたければ種を蒔きます

雨に流されたり
日照りに枯れたりして
僕らの汗が無駄になることも多くあります

落ち込んだり悲しいことや
辛いことも沢山あります

が、根付いた植物は花を咲かしてくれたりして
穏やかさを与えてくれたりもします

そこはどこですか
天、と誰かを通じて
戴いていますか
と、僕は自戒しながら
暮らします

今年の6月はうるう皐月だったので
爽やかで雨は降らず
こないだの新月から
梅雨時期だと捉えて支度していたので
雨の多い今
とても調子良いです
暦すげえ

季節は繰り返しますが
まったく同じ時間はこないんですね

毎日をおんなじように
常識的に暮らすことは
権力に牛耳られ易いと思います

僕は目覚ましをかけなくなって随分
日々違う道を通ると心がけて随分
経ちますが
とてもストレスが軽減されています






今日もコロシアワナカッタ、という
美しい思い出を







実験と実践で実現

頚椎症性神経根症の件で
整形外科の医者か手術を煽って来る

サイコだ

サイケならオーケーなのだが

虫の息ぐらいしか聴こえん

庭の小さな小さな池にウシガエルがいてて
モウモウ鳴いたり
ピチャンと飛び込んだりして
可愛がってたんだけど
ある夜中に
ニャーと鳴くヤツと争ったポクテ
いまはもういない

久し振りに素面そーめん

ソーメンだと睡眠が思いつかない
例のりりかちゃんも控え目

私だけのインゴ

インゴシティー暮らし

風呂はいて支度して田圃

劇的に朝方

朝型の親方

総理についての情報は別に知りたくないやい
はなむずむずして春みたい

はやく朝が来て草や虫に埋もれたい

何億兆もの生命に囲まれると安心するで
ひとりじゃない

そのほとんどが自分の繁栄に熱心なのも
また良い

あっとまたあの世界へ飛びそうになる
意識をぐっとこらえて
一般的な日常に身を置いてみる
わたしの常識はどこいった

だいたいみんななに思いなにしてる時間なわけ
いったい夜中って
焚き火囲んだりとか?

この場合のみんなは虫に草にではない

白イチジクが前歯の長い小動物に全部齧られて
すこうしショッキン激ウマだたのに

まあ残りを戴く人間サマー

さまざまの繁栄を横目に衰退する人間サマー

たてこんでるのは
あと小豆でひといき

実験と実践で実現

子どもや奥さんが通るたびにつける電気を
消灯おじさん

ずーっと静か

よるのつかいかたをわすれた

絶対安静から田植えを終えての感想は
やればできる

しなないようにいきて

とまらないようにうごいて

長男の夏休みの実験体にされた
被験者であるカミキリムシのカミサマが
時折ガサッと動く

ガサッとに反応した遠くの犬ガー

粒になって
移動し続ける

振動のような距離かもしれない

移動し続けている、のに
発酵し続ける世界
しぬまで 

まあでも何より役に立つ




最小限に
最小限に分解された私達は
螺旋を持つ最小限に分解された私達は
意識と螺旋を持つ最小限に分解された私達は
意識と螺旋を持つ最小限に分解された私達は何より役に立つ


へいわ

次男が熱出したので今日は一日中看病

起きたらしんどくて泣くので
添い寝して寝かしつけ

寝てる間は8月らしく
戦争映画ざんまい

そしたら晩御飯

モロヘイヤ食べながら
もろ平和がいいなあと
小2男子

農具と種




昨日の #冨貴工房 の集まりで

いつも使っている農具を

染めさしてもろた

#麻柄 のワンポイントも

使い込みます




#どいちなつ 家に先週忘れた

砥石を届けてもらったら

大蔵大根の種が飛んできた

また大事な種が増えました

yamano天気



雷ゴロゴロゆうてるけど
随分と降ったので
田んぼに行く支度

雷が鳴って
豪雨が降って
霧が晴れて
ようやく日が昇ってきた

花が咲いてきたので
落花生の畑
半分草刈って土寄せ
半分はのまれるのを見る

照り始めた太陽の陽射しで
また霧が
蒸してきた

水の豊富な時期の話











土用干し




からの
近所の夏祭り




夏野菜



そろそろ本格的に夏野菜の季節がキテマス

五日前











よく雨が降ってタスカル

20170725

allo my friends


真っ盛り、と思いきや

終わったはずの雨がふる

田んぼは大助かりです



market 


20170726noonish-sunset

wed @ QUIN #355

兵庫県西宮市豊楽町5-26


20170727noonish-sunset

thu @ hinabi #262

兵庫県神戸市東灘区本山北町6-2-8 


20170728noonish-sunset

fri @ ameen's oven #284

兵庫県西宮市若松町6-18



happyset 


定期便や隔週便も

ゆうパックによる発送です

到着は収穫日の

次の日になります

配送  STORES (水金)


闇市終わりで

ご自宅まで直接お持ちします

火曜日までにご連絡ください

配達  MAIL (水木金)


6月~9月はチルド便になります

送料が変更(850円)されておりますので

よろしくお願いします



from


kanan farm

はちみつ


yamsai

野の菜

野の草

野の花

果の物

祈り

まぁまぁマガジン

murmur magazine for men


sora no shita

生姜


fukuoka shizen noen 

ヒノヒカリ

レモン


formios

ズッキーニ

フンザ渓谷産干しあんずのジャム


niu farm

ごぼう

えごま

きゅうり


morning dew farm

にんにく


naturalism

ベビーリーフ

たまねぎ

じゃがいも


helthy farm

にんにく

ししとう

万願寺とうがらし

とうもろこし

じゃがいも

バターナッツ

おおば

あかしそ

バジル

スイカ

ブルーベリー


morino farm

にんじん

モロヘイヤ

つるむらさき

なす

きゅうり

おくら

赤たまねぎ

えだまめ

たまご


kagure

ミニトマト

イタリアントマト

じゃがいも

ズッキーニ

スイカ


terrorist

きゅうり

いんげん

なす

ズッキー二

ピーマン

ししとう

トマト


名もなきフェス






wa-no coffee


wa-no coffee


ケッコンシキ


ヒキデモノやりました
気を使ったよー
ビーハッピー







7月




暮らしのしるべ







料理研究家の #どいちなつ さんに

宿泊のお土産にいただいた

自然の畑のセージと

フリーペーパー『暮らしのしるべ』2017july

ひとり暮らしをはじめた息子世代に

つくってると聞きました。

料理の基本、調味料や米の炊き方の話など。

子に渡したい方はコピーでよければ闇市に、かちなつさんに

セージなどのハーブ園もうつくしかったので

ドライやオイルで闇市に、そのうちー。


暮らしのしるべ

著者 | どいちなつ

デザイン | 加藤賢一

イラスト | fuuyanm

発行 | 心に風 info@kokokaze.co.jp

ハマボウまつり








田→川→畑