9.11 原発やめろデモ!! 逮捕されて見えてくるもの



黒パン文庫さんからのお知らせです。
















『カレが捕まっちゃった』上映会&トーク




5月13日(日)


18:30~ 開場/司会・横山純
19:15~ 『レディオアクティヴィストたち』(ユリア・レーザ+クラリッサ・ザイデル監督、72分、2011年)
20:30~ 『カレが捕まっちゃった』(江畠香希監督、66分、2012年)
21:30~ トーク「江畠香希×インテリパンク×小笠原博毅」






参加費:2,000円(ワンドリンクつき)/ameen’s ovenにて
会場が広くありませんので30名限定とさせていただきます。
参加申し込みは以下の方法でお願いします。
yumyum@ameensoven.com
Facebookイベントページ http://www.facebook.com/events/137450869722210/










明日の深夜には、この国のすべての原発が止まります、とりあえず。
(5月5日に止まりました)




いろんなオモワクから再稼働にやっきな人たちに対して、デモや署名や表現をした人たちの「力」が止めた!と言えると思います。


昨年、全国で多くのデモが行われましたが、フクシマの事故のあと、いちはやく声を上げたのが東京・高円寺に集まった「素人の乱」という若者たちであり、その動きは各地に飛び火しておおきなうねりとなっていきました。


映画『カレが捕まっちゃった』は、9月11日原発やめろデモ!! で参加者1万人中、12名が警察に不当逮捕されたことの顛末と、その記録です。


逮捕されたメンバーの一人が監督のパートナーであったことから撮られたこの作品は、デモに参加する人それぞれのプライベートな立場や思い、逮捕されることのショック、なぜ警察はデモが嫌いなのか、さまざまなことを考えさせてくれます。


いまあらためて「放射能という脅威」ということをみんなの合意点としながら、多層な世界のありようをとらえ直してみたいと思います。


上映後には、江畠監督を囲んでのトークセッションがあります。


東京・高円寺からはインテリパンク氏、海賊研究の小笠原博毅氏とともにトークの時間を持ちたいと思います。


当日の司会はTHINK FUKUSHIMAで活躍する横山純氏です!


是非、ご参加ください!