そして僕たちは
どこへいても
種を護り継いでいく世代です