20141027

数日前、電話があった。 ビーツが欲しいと。 余命僅かな生命の家族のために スープを創りたいと。 ばら撒いた記憶の在る所に 50本あまりの芽が出てい た。 草を刈り 籾をかけた。 信頼のおける料理人が スープにしてくれる。 間 に合いますように、と祈る。