9月の畑


9月の雨で
朝陽を浴びた
植物の
生命が透き通る


それぞれ の
これから経るであろう
時間をもとに
違う振動をしている


それぞれ は
光の粒

いま は
もう過去の光


あなたが
わたしに
ぶつからなければ
とっくの果てに
宇宙の孤独だっただろう


その熱が
その音が

粒であり
塵だった

わたしに
形をあたえてくれている


草が虫が鳥が
一定のリズムで
生きてくれている限り

わたしは
自由だ