畑に
とりきれないほどの
柿がなった

今年は
オール甘柿

去年までは
渋かったり
反渋だったり

渋かったり
する
世間のはなしでも



コトバ、に宿るチカラ
について

20年前に住んでいた街に描いた落書きがまだ残ってた

平和、にかんするやつ

peaceとか
そういうやつ

さておき

たぶんその頃の サヴァイヴすることの 快感の 初期衝動で
いまも生きてる

ような
とても 大きな地震が あったから

そこにあったのは


焚火焚火 貨幣のない世界





世界が静か
になっていく、
としたら
それは
とても
希望


あめあがり

かつて宣言したように あの頃の日常は 非日常になって 新しい日常を 探しに行くようになった 僕に対する 自然の持つ 精神拡張作用は なにひとつ 繰り返す時間がない という事を 意識することで 発動します
いまここで 肉体が 粉々に 弾け 散っても 構わないほどの beherenow感を 自然に 得られるような 社会
いつもより くらい 空の作用で 瞳孔がひらく 二度と同じ明るさの光は来ない
雨だから
雨だからねえ