冬至の記憶







はたけ とキめた
ところには
なに も持ち込まない 
ようにしている

空(うえ) に伸びた
ものだけ を
持ちかえる

といったルールを
はじめに創った



  • 山は

    春から1年かけて
    のびた

    まさにいま
    枯れようとする

    茂み(くさ)を 

    刈りおいて
    溜める

    時節 になる



    山が

    冷えこみ
    草も育たぬまに

    刈った
    ところ どころ から
    いつの間に やら
    見知った山菜 たち
    が 顔を出す



    冷たい雨と
    柔らかい陽射しで
    ゆっくりと
    発酵し
    土 に
    戻ろうとす


    に、護られる次 の



    保たれる
    せかい

















  • 特に
    意識はしていなかったが
    暮れてみると
    とても短い 
    昼だった


    絶望は すぎた


    これからは 希望しかない

    太陽は
    長く
    強くなって
    ゆく



    絶望は

    もう
    すぎた