年末年始のアレ

いや此処最近まで
全く寒くなんなかったし
(きょうはすこしひえたが?)
そもそも
経済活動をあおってくる
バビロン的な年末年始はやっぱり
 #fuckthesystem なんだけど
それなりにパーティーも続き
ここぞとばかりに
外タレがまわしたりするわけで
こちらベジタブルプッシャーaka運び屋
といえば色んな方々に
正月めざして
移動してくる親族
のための正月野菜
を頼まれたりする事が増えて
それもとても
なかなかに生き甲斐だったりして
暖かかった流れでたぶん
旧正月目指しの冬農生活に成ってる感じの年の暮れ
そこは
何キロ圏内なのか
いつまでたっても
故郷に帰れない人
たちの事は
もう忘れたかのように
過ぎ去る
何にも起きない
平凡な毎日に
どっちなんだか胸が熱く成ったりして
ここから
何キロ圏内なのか
またキグルイが高浜を動かす
旧正月までの
本当の年の暮れに向かって
いや、平和へは己の精進しかねえなとか
子供たちもわがままになってきて
発する言葉が
そのまま鏡のように映る
守ってんだか
守られてんだかの日常
がそこで時間に追われる彼ら
の非日常になるなら
アウトプットし続けるしかじゃないんじゃないの
って話しになるのは
とてもよくわかる
わかってくれないのも
よくわかる
がゆえに
次のきぼうを探す

さがしてます