覚え書き、とイタミーニョスの返答

僕らが
政治になるべく関わらない様にして
糞みたいな政治家や構造からの
被害を最小限に抑えて
楽しく生きていけるのは
それでも大丈夫な身体や
環境とがあるからで
その微々たる自信は
たとえ一粒であれ米や
食糧を生産しているからであり
とてもよくない状況の人達
例えば本当に明日食うものが
「買えない」状況だったり
保育園に入れず働けなかったり
そもそも病気だなんだで
働けなかったり
それを「公務員的書類上」
申請出来ない生活だったり
逃亡していたり、と
闇市を開催しているからには
様々な状況の人と会うわけで
とはいえうちも
カタギぢゃない
その日暮らしの低所得層なので
余った野菜をbombするくらいしか
思いつかず
おっさん達の飲み食いや
政治ごっこの素人たちが
無駄にする税金やらなんやらを
死にかけている人に回せないのか
と思ったりするけど
とにかく
だらだらやってたら
みんな死んじゃうので
はやくひっくり返さないと
日本の話。
いまここの話。
グリーンゲリラが
救える命もあるのか、ないのか、と



伊丹 正典 一人が、あるいは一家族が、まずは自給する。それができた上で、横とのつながりを模索する。少し豊かになる。日本経済は、多分そのレベルの30倍くらいの規模とスピードで回ってる。だからそれを埋めようとしても、どだい無理な話。公共料金と公的な保険をまかなえる分だけの現金収入はなんとかする。それでも自給生活との格差は3倍くらい。でも日本経済との格差は1/10位に縮まる。それを連鎖させていくことができれば、中央集権はある程度役割を終えるだろうし、行きすぎたグローバリズムや市場原理による不幸は軽減されると思う。時間はかかるけど。自給生活8年目の私の皮膚感覚なので、アテにはなりませんが・・・