2014年2月17日月曜日

YUKI






原発事故後の福島農家にとって我の農地を測らせることとは、自家の未来を国家権力に委ねるに等しい。3・11以前と何も変わらぬ自らの農地が「セシウム何ベクレル」などと聞いたこともない計測数値によって、まったく無価値な全否定の対象となり得る。
日本近代化のもと東北農村がどのように生物資源の給源として統合され、国家権力に翻弄されてきたのか。農家が、JA或いは行政と張ってきた歴史的な緊張関係を、この彼は、何千カ所と農地を測るその淡々とした作業の繰り返しそのもののなかで、身体に覚えてきたのだ。












総理番長・松井望美)
安倍首相は午前7時半ごろ官邸に出勤した際、昨日大雪対策で関係省庁会議が開かれたことに関連し「総理は対策についてどうお考えか」と記者団に問われ、「おはよう」と述べました。






竹切りシーズン



しみつきちのいりぐち



#みつからないように