Poetry readingの民主花、のお知らせ

とりいそぎおしらせ。
ぜひご参加を。
ポエトリーリーディングの民主化
改め民主花、ハジマリマス。
祈念スベキ第1回。
我々ハ花デアリ虻デアル。

https://www.facebook.com/events/334778740051959/



Poetry readingの民主花・第一弾 あらわれる

3月29日(日)19:00~ ameen's oven
投げ銭にて



中川雄介の第一詩集のタイトルが”あらわれる”
ジャブジャブ、心が洗われるのかと思っていたら、出現するほうらしい、作者の思いは。
でもそれも自由だ。

Poetry readingの民主化、咲きほこる花のように、いろんな人が声をあげたり、つぶやいたり、だまったり、しなやかに音と声の表現の場を持っていきたいと思います。
Host・ヤムサイにておおくりします。




■中川雄介
アミーンズ・オーブンの製造スタッフ。パンの師でもあるミシマショウジの影響で詩集をつくる。心の奥深くに静かに佇むことのできる詩を模索中。

■ミシマショウジ
パン屋、日々いかにいい加減な配合で、世界一美味しいパンが焼けるかを酵母たちと交渉中、その過程が言語化されたものを詩とする。

■wa-no
ループペダルとエフェクターを使用したアコースティックソロギターリスト。アンビエント、フォーク、アコースティック、ダンスの間を彷徨うように関西を中心に演奏活動を行う。 現在3枚のフリーダウンロードALBUMと二枚のCD-R作品を発表している。 最近では現代俳句家、中永公子の俳句朗読によるセッションや、アミーン氏の詩の朗読でのセッション、ヨガとのセッション。ボーカリストTeNとの「TeN+wa-no」、ユニット「○TWA○」の活動など、ジャンルやカテゴリーにとらわれない自由な表現活動は多岐に渡る。

■広本雄次 (aMadoo,cosmosign)
タブラ奏者。1995年に渡印。バラナシスタイルのタブラを始める。1999年頃からインド、ドイツで本格的に演奏活動を開始。インド古典音楽だけでなく、様々なジャンルのアーティストと交流し、独自の音を模索し、展開を重ね、関西を中心に積極的なライブ活動を行っている。