はびこる


あめのなか
きりなのか
の、ひ






やま、は
しんめshinmeの
時節







小鳥や昆虫の恋愛があらかさまであり
時には残忍であり
味のないものに見えるのは
まだこちらが人間の眼でそれを眺めているからである
彼らはたとえ人の呼ぶ本能によって行っているにせよ
自分たちに与えられている機能を
その条件の中で
なんと立派に
完全に果たして行くことだろう
執着は微塵もなく
均衡を破る何ものもなく
すべてのものがその習性通りに動いている

串田孫一




いちご、のはながさき
ムシ、がふえたから
くものす、もふえた
キン、がそこいらに
はびこる



山猫ノ目草

みず、が
しずく、が
ぽちゃん
おちれば
たね、が
はじけとぶ
はびこる



ぜんまい、の
雄株

ひと、が食す
雌株

よりも先に出て
胞子を散らす
はびこる




よもぎぱん、の
ためのリーフをつむ
海賊パン屋さん





はるは
はな、が
未来圏へ、と
つれていってくれるわけ