水をやらない苺は傷まない


オリジナルの色で咲く山桜は
誰の目にも触れない

自然により覚醒した革命は終わらない

ひとりでに咲く抵抗者は花だ

それぞれの季節で咲く花は誰にも止められない螺旋だ

種を遺す為には誰にも抑圧されない


花は間違いを起こさない 起きたとしてもそれは 進化という名の 先祖返りする為の革命だ

光の届かない薄暗い部屋で
ひざを抱えて WiFiに繋がっていたとしても 胞子は飛んでいる

抵抗者達はアスファルトを剥がし 大地が胞子を受け入れる支度をしている

絶望することはない その唇や 肌がいくら渇こうとも 必ず雨は降る

そこが砂漠だろうとも いつか は花が咲くのだ

もはや私たちに残された 唯一の感情は 希望だ

いつか降る雨に 心を踊らせよう



(420穀雨にむけて)