20141126

辺野古

若い機動隊員の多くは目が虚ろでした。泣いている隊員も多くいました。今日はとりわけ多かった。アルソックの若者も泣いていた。

ただ防衛省の若い職員二人が、機動隊の後ろで、うっすらと笑ってこの状況を眺めていた。この状況で笑うのか?
心が壊れているとしか思えない。そのはるか後方の丘の向こうで、大型のクレーンが兵舍の解体工事のため動き続けているのが見えた。