あたたかいすいようび

自然の中にいると得られる経験 意識拡張作用を疑似体験出来る さっきまで其処に生きていた 植物(野菜、に触れることでも得られる 抜いたばかりのかぶらを持つと 視界のあの辺が開いた 日本むかし話にも書いてる

たぶん


これを料理して (またはしてもらい 食べるとなると 一口一口が 変え難いtripになると思うと ちゃんと食べないとなあ 、と思う 日本むかし話にも書いてる

たぶん。






さて市開きだ、と思ったら落とし穴が掘ってあって爆笑した





ところが、
古井みずえさんの映画『僕たちは見た—ガザ・サムニ家の子どもたち』を観て
衝撃を受けたのですが、
イスラエル軍によって瓦礫にされた町のなかで、
人々がともかく作物の種を播いている。

その種は、数ヶ月後には必ず実を結ぶんですね。 
その情景を見て、
私はほとんどこの現実だけが、
子どもたちを生かしているのではないかと感じました。

種を播けば作物が育つという、
もっとマテリアルな次元でのポジティブな現象だけが、
ガザにおいて子どもたちを生かしているのではないか、と。

 via/ 現代思想2014vol.42





ドレッドで太鼓叩くのが趣味の大根の彼女



白いなめらかな肌をあらわに出してお台所で働く
この大根の女房振りは、野菜第一番の立女形である。 

via.食味宝典野菜百珍 林春隆