3月



自分の言葉(検索されない言葉)でblogを書こうときめているので
引用することはあっても
読んだ本の感想をかくことがまさかあるなんて
と思いながら書く

今日のblogは「想像ラジオ」について

とはいえ311東日本大震災以後に生きる、というか
生きとし生けるものすべてに読めばいいと思ったので
全く内容については書かないけれど

117阪神淡路大震災で被災して
それこそ15年経るあの辺りまで

映像の数秒すら怖くて悲しくて全くみれなくて
だけど
311後1年1年なんとなく生命について考える事が増え

やっと117の時に目撃した多くの死者や
伝え聞いた顔の分かる彼ら彼女の死を
「鎮魂」唱えることができてきた

のにもかかわらず「放射能」のせいで、
これはあきらかに「せいで」、

311の死者について各種イヴェントでは
口に出して鎮魂とは言っていたものの
ほんとうの想像することができなかった
できていなかった

なくなったご先祖のみなさますいませんでした
また今年も3月がやってきましたね
善い旅になりますように祈っています

そしていとうせいこうさん
美しい機会を与えてくれてありがとうございます









この本読む前
今日は菌についてかんがえてた
三月やってことすら忘れてたわ

南相馬市桜井市長が脱原発都市宣言http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150302/k10010001431000.html

桜井勝延





からだこころ
こころここにこここここ

きんに

きんになるというのは
どういうことなの
とけていくのとは
ちがうかんかくなのだろうか
なんとなく

じゅうようなきがす

いちばんちいさいたんいに
ぶんかいされる
こころ
いちばんちいさいたんいに
ぶんかいされる

からだ

ふひつようなぶぶんがあるなら
ふひつようだからなかったこと
そのこととは
きんとなるなんとなくきんとなる
きんとなる
つめたくなる

つちにふちゃくするきん
土に付着する菌
土着菌
しつもんではない
質問ではない
そうしつもんではない
躁質問出端凪い
凪に心奪われる左の翼
渡る鳥
航る度
綿